キャリア採用情報

経営MESSAGE

採用情報 > キャリア採用情報 > 経営MESSAGE
 

私たちの生活で今、大きな変化が起きています。家庭ではテレビやエアコンがスマートフォンで制御・管理でき、街中ではロボットが接客し、車の自動運転も実現しつつあります。IoTによるこれらの変化は『コト』の付加価値を与えてくれるもので、企業活動においても従来の『モノ』作りから『コト』作りへと意識変革が起こっています。

 

そうした社会環境の中、アクサスでは2017年、設立10年目を迎えて、「企業理念」「ビジョン」を新たに創り直し、第二創業期のスタートを切ったところです。
新たな企業理念である「すごい!を追求する」ことで、お客様やわれわれ働く仲間、そしてその家族などの間でもポジティブな喜びを感じあえる会社でありたいと思っています。そのために考えたビジョンが「日本でもっともエンジニアがわくわくする会社になる」です。

 

この「わくわく」は、一つには積極的に参画することによる、わくわく感です。単純に『モノ』を説明書どおりに作っていればいい時代ではありません。お客様やその商品・サービスをご利用になるエンドユーザーのニーズや気持ちまで読み取って、それに応えようという積極性をエンジニアにも求めたいのです。
そうすることで、自分はお客様や社会に必要な、また必要とされるものを作っているのだという実感がより持てるのではないでしょうか。自分が手掛けている商品・サービスが将来、世の中の人にどんな風に使って、喜んでもらえるのかと想像したら…、わくわくしませんか?

 

こうした気持ちを持つことは、営業やエンジニアなど職種には寄りません。アクサスの仲間には全員に持ってもらいたい気持ちです。そうして自分の仕事に誇りを持って、家族や友人、身の回りの方々にも胸を張って笑顔で語れるようであってもらいたい。その意味でも『わくわく』なのです。

 

もう一つには、待遇面でもわくわくしてもらえるよう、がんばって成果を出した分は皆さんに還元していきたいと考えています。アクサスは2007年の創業以来、毎年2桁伸長を続けていますが、それは結果に過ぎません。「先客後利(せんきゃくこうり)」という言葉がありますが、利益は後回しでも、お客様に喜んでいただければ継続してお付き合いいただけますし、新たに紹介もいただけるものです。

 

もちろんそのためには、われわれ自身の技術も常に進化していかねばなりませんから、研修センターなど教育体制の構築は急務ですし、エンジニアが働きやすいよう、オフィス環境の整備も進めているところです。ハード面の整備と同時にソフト面も充実を図っていきたいので、エンジニア自身の声や要望も積極的に発してもらっています。どういうオフィスなら「わくわく」仕事してもらえるのか、会社としてもぜひ知りたいのです。

 

このようにお話してくると、アクサスのエンジニアは常に元気で前向きでないといけないのかと思われるかもしれません。そうではなく、声の大きい人もいれば、こつこつと目の前のことに専念し続ける人もいて構いません。ただ、共通して持ってもらいたいのは、「利他」の気持ちです。他者、つまりお客様やエンドユーザー、あるいは一緒に働く仲間に喜んでもらおう、ということ。人間はつい「利己」的に自分を一番に考えがちなものですが、アクサスは他人の利益をまず考えるような人たちが集まる、真剣な集団でありたいと思っています。

 

もしも今、決まりきった仕事が続いて「自分」を発揮する場がない、自身がこれから成長できるのか不安だ、新しいチャレンジをしてみたい、などと考えているエンジニアの方がいれば、アクサスを一度見てみませんか?われわれも今大きく変わろうとしているところで、同じ「利他」の気持ちで働ける仲間を求めています。もしもアクサスの社内のどこかに、これまでと変わりたくないような要素があれば、経営陣として、必ず変わらせてみせることをお約束します。一緒に「わくわく」を求めていきましょう。

アクサスで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加