キャリア採用情報

PEOPLE

A.O

エンジニア

A.O

オラクル社のデータベース管理者資格であるORACLE MASTER Platinum10g、11gを所持。資格を活かせる職域を求め、2016年10月アクサスに入社。お客様から高い評価を頂きながらDBAとして活躍中。

高いスキルを確立されていますが、なぜアクサスに転職されたのですか?

もともとオラクル社のデータベースソフトの合理的なところに惹かれて15年前からORACLE MASTERを取得し始めたのですが、だんだんとより高いレベルへ興味が湧き、勉強会に参加すれば著書のある方や、講演などで業界全体に貢献されている方との出会いもあって、勉強意欲に拍車がかかりました。今では独自のネットワークともいうべき貴重な情報網ですね。
前職では6年間勤めましたがエンジニアでありながら企画部門への異動など、せっかくの技術を活かしきれないように感じていました。そんな時、アクサスに出会ったのです。面接へ行ってみると、面接官もORACLE MASTER Platinumをお持ちで、実は以前にオラクル社開催のプラチナ保有者の集いでご縁もありました。会社云々でなくエンジニア同士としても意気投合し、変革期にあるアクサスにもよりシンパシーを感じることとなり、転職を決めたのです。

実際に入社されてみて、いかがでしたか?

期待どおり、スキルは十分活かせています。今参加しているプロジェクトでは24時間365日稼動しているシステムをお預かりしているので、簡単な保守作業からトラブルシュートまで一通りの業務に加え、システムを絶対に止めないための知識・経験と対応力が必要。プラチナレベルのデータベーススキルは必須です。
会社の体制としては、事務方のサポートがしっかりしているのが有難いですね。エンジニア派遣はどうしても現場に出ている社員が多く横のつながりが得られにくいものですが、営業スタッフのサポート部門があるので安心です。それに私自身、役職上はマネージャーですが、営業サポートがメンバーの健康状態、出勤状態をフォローしてくれるので、エンジニアとしての職務に集中しやすい点でも助かっています。

アクサスをこれからどのような会社にしていきたいですか?

私は今44歳ですが、エンジニアのキャリアパスは難しいですよね。今アクサスでは、一定のスキルをつけた後は管理職にという流れですが、もっと専門職寄りのアーキテクトコンサルタントといった職種も作ってもらいたいです。エンジニア職の多くは、やはり専門性を追求したいものですから、若い方にとってもキャリアパスの選択肢が広がるとよいのではないでしょうか。
会社への貢献を考えでも、一人ではどんなにがんばっても一人分のことしかできません。ならば同程度のスキルを持った人間を増やしたほうが、会社として大きなことができるのではないかと。もっと一緒にデータベースを扱える同僚を増やして、そういう自分たちのスキルを会社の一つの商材として、色と認識してもらえるような組織作りをしたいですね。

ご自身の目標や、一緒に働きたい仲間について教えてください。

データベースの領域ではアクサスはまだまだ業界で無名です。ORACLE MASTER Platinumは内藤部長と私のまだ2人ですが、保有者を増やして、オラクル社と仕事していけるよう関係を深めたいですね。

まずは今のお客様から信頼を獲得し、自分がアクサスの中のロールモデルにならねばとも思っています。実は今、後輩の40歳でORACLE MASTER Platinumの試験勉強をしている仲間もいるので、ぜひアクサスで3人目の保有者になってもらって、データベースを盛り上げていきたいですね。
そういう仲間を増やしたいので、技術やこの仕事が好きな人にどんどん加わってもらいたいです。パソコンの蓋を開けて自分でメモリを外したり、HD増設したりSSD換装したり、今作っているものに対して「これは本当にこの作り方でいいのかな」などと疑問を持ったり、そんな中でもまだやりたいことが決まっていないエンジニアがいればウェルカムです。データベースの面白さも伝えてあげたいですね。

アクサスで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加